辛い便秘とサヨナラするための対策法

毎日のお通じは健康の証拠と呼ばれる程、身体的な面と精神的な面の双方が微妙に重なっています。

どちらかのバランスが崩れてしまうと偏りが生じてしまい便秘をしてしまいます。

そこで便秘をした時の対策法を3つご紹介します。
これで辛い便秘とはサヨナラしましょう。

まず1つ目は水分補給です。

生活の中で水分補給をしっかりとしていたつもりでも実は足りていなかったらという事です。
体内の水分量が低下しているかもしれないと疑う人はいません。

しかし、その状況が便がしっかりと腸内を移動させる働きを妨げている可能性はあります。
そこで喉が渇いてたら水分を摂取するという無意識な行動を意識して制御する事が必要です。
毎日自分はこれだけの水分量を取るんだという目安を作るようにしましょう。

2つ目は運動です。

便秘の時には腹筋を鍛える事で物理的に便を押し出す効果を使いましょう。

もし仮に腹筋が面倒な時は、おへその下を上から下へ摩るようにマッサージを施しましょう。
こうすることによって便意を誘い出す効果があります。

おへそを刺激する別のやり方で”押す”というのもあります。
これも指圧効果で腸を外部から刺激する方法です。
その他にもおへそを中心に何らかの刺激を腸に与える事によって直接的な刺激になるので、
自分で触りながら程よい方法を探ってみましょう。

3つ目は食事改善です。

食べ物の偏りによって便秘は起きてしまいます。
そこでバランスの良い食事が大切です。
中でも食物繊維と果物は効果あります。

食物繊維の食材と言えば野菜で、ゴボウ、かぼちゃ、ニンジン、キャベツ等が代表格です。
サラダや煮物で調理して食べると美味しく摂取することができます。
果物で便秘に効果のある物はリンゴです。

リンゴには食物繊維の他に豊富な栄養素があり、1日1個のリンゴは医者を遠ざける、という諺がある通り、
体には非常に良い物です。

より便秘解消の効果対策として、皮ごと食す事により一層便秘には効果があります。
その他にはヨーグルトの乳酸菌効果やカイテキオリゴなどのオリゴ糖で腸内環境を整えて、
体質改善として行う事は良い事です。
整腸剤のビオフェルミンもヨーグルトと同等の効力を持っているのでこちらも食後に飲むと良いでしょう。

以上の3点が便秘解消策でより効果が表れやすい代表格になっています。
しかし、気を付けたい事はこういった対策をうまく生活レベルに融合させて、
継続させられるようなサイクルを構築することです。
三日坊主にならないように工夫しましょう。

シミや肌荒れを防ぐための徹底スキンケア

サブコンテンツ

このページの先頭へ